技法2回目


  1. E-mailの差出人の特徴
    差出人のE-mailアドレスの設定がまちがっていてもメールは相手に届きます。
    でも受け取った人は返事の書きようがありません。
    逆にいうと「差出人をいつわれる、ごまかせる」ということでもあります。

  2. 署名の設定
    署名無しでもメールは出せますが、かっこうが悪いです。

  3. E-mailと個人情報
    電子メールはいわば「はがき」と同じ。住所など個人情報の過度の公開は危険です。

  4. E-mailのヘッダについて
    実際に見本を提示するので読んでみましょう。Hotmailの場合、Gmailの場合で試します。

  5. E-mailのエラーメッセージについて よくある質問とその回答 (理工学部小島先生作成のページ)
    実際にエラーメッセージを読んで見ましょう。(授業出席者には当日紙媒体で配布=その場で読み解くか宿題になるかは未定)

  6. ファイル添付の方法と注意
    1)ファイル名は半角英数8文字+拡張子3文字にするのが確実
    2)重い画像ファイルなどをいきなり送りつけたりしないように

  7. 文字化けを避けるための常識的なこと
    「機種依存文字」とは何か? 検索してみよう。
    ・絵文字について
    文字化けの例

  8. 国連
    国連のホームページをさがしてください。

     
  9. 内閣府の外交に関する世論調査
    内閣府の「外交に関する世論調査」を検索し、その中から「韓国に対する親近感」を持つ人の割合の変化を示すページを探してください。 

     
  10. 訪日外国人旅行者数
    国土交通省観光庁のサイトから訪日外国人旅行者数の統計のあるページに飛び、2018年8月の訪日外客推計値を探してください。
    来日する外国人のトップ3がどこから来る人かを調べてください。