金子ゼミ卒業生からのメッセージ

OYさんの卒論もNNさんの卒論も学部の優秀卒論に選ばれています。

OYさん(2018年度経済学部卒業生)

 私が1年間交換留学へ行く決心ができたのは、国際関係コースがあった からです。一年次から中国に対して興味を持ち、二年次の夏には上海へ 3週間の短期留学へ行きました。しかし、もっと中国を知りたいという気持ちから1年間の留学を決心しました。
 私は国際関係コースに入り、世界の地域(私の場合は中国)に特化した研究をしながら、留学を含めて 4年で卒業することが出来ました。留学中にフィールドワークを行うことで、中国人とのネットワークが 広がり、中国の国情や文化・社会などを奥深く知ることに繋がりました。そして、この経験はその後の 就職にも影響を与えました。
 国際関係コースでは自分の学部の学修と平行して特定の地域の研究をすることが可能です。また、ゼミ の先生と学生との距離が近いことも魅力の一つです。興味のある方はぜひ自分から行動してみて下さい。

NNさん(2016年度政策学部卒業生)

 気になった事があれぱ自分の足でその場所まで行き、自分の目と耳で確かめないと気が済まない性分の私にとっで、国際関係コースはとても良いコースでした。
 中国に強い関心を持っていた私は、ニ年次には海外短期語学研修で上海に約1ヶ月間滞在して語学力を高め、三年次には交換留学の機会を得で大連で1年間過ごしました。そして 大連での留学期間中に海外フィールドワーク研修を行いました。フィールドワークでは、自分の所属学 部である政策学部で得た知識を活かせるテーマで調査出来たため、その後の卒業論文の執筆に大いに役立つ資料を得ることが出来ました。また、留学中に取得した単位やフィールドワーク等も全て国際関係コースで単位認定して頂けたため、四年で卒業することが出来ました。
 政策学部の科目だけでなく他学部の科目も履修出来たので、興味関心のある事についで分野横断的に貪欲に学ぺたことは、とても幸せなことだったと感じています。
 国際関係コースでは様々な制度が利用できるので、特定の国や地域又は国際関係について学びたい方は、ぜひ自分から行動してみて下さい。